Masakichi.blog

~Just way you are~ 旅する大学生

駒澤大学を本気で変えようとする話

 

f:id:masakiti39_com:20180621215937j:plain


 

僕は

「世界一周がしたい」

 

 

 

 

 

 

僕は

大学に入ってからバックパッカーを始めた。

長期休みには、海外に行くようになった。

 

海外を旅していくうちに

ピラミッドの中に入ってみたい。

世界一行きたい場所に選ばれたウユニ塩湖に行きたい。

マサイ族に会ってみたい。

 

 

骨の髄まで響く心臓の鼓動

 

 

自分が知らない世界をもっと旅してみたい。

現地の人の生活を体験したい。

自分の価値観を広げたい。

 

だんだんとこの思いは強くなり

 

「世界一周したい!」

 

と思うようになった。

 

 

でも、まさかあの時

学生がアルバイトをして1年間で稼げる半額近くを学校に納める必要があるなんて思ってもなかった。

 

 

休学費

 

休学費って知ってる?

大学を休学する際に大学に払う費用のこと。

 

休学をしようとすると国立大学を除きほとんどの私立大学では休学費用がかかる。

 

もちろん、駒澤大学も休学費用がかかる。

 

休学費用は大きく分けて2種類ある。


1.学費の半額

平均15~20万


2.休学費用が決まっている

平均は半期6万、年間12万

 

周りの友達に聞いたら平均ぐらいの人が多くて、この金額なら休学費のためにバイトを2〜3ヶ月やれば貯めれる金額だ。

 

よし!休学しよう!

 

僕のこの気持ちは

駒澤大学のHPを開く前までは明るかった。

 

 

駒澤大学休学費

 

駒澤大学学費取扱規定

第10条学則に基づく休学者の当該年度学費は、次のとおりにとする。

(1)休学を希望するものは在籍料として、前期分学費を納入しなければならない。

 

 

ん?前期分の学費?

 

納入金額は、学部によって授業料は異なり、最高で約76万円、最低約31万円、平均約48万円を納入する必要がある。

 

僕が在籍する経済学部は平均の48万円だ。

 

 

いや、ちょっと待った。

48万(もはや、高すぎて笑ってしまった。)

 

学校にも授業にも行かずに、大学に籍を残すだけなのにこの金額はおかしい。

現在、2人に1人が奨学金制度を利用している中で、大学生にこの金額を工面するのは大変だ。

 あまりにも高すぎる。

 

そう思い。

僕の大学に対するどうにかしたい精神が燃え始めた。

 

 

コングが鳴り

学校との交渉はスタートした。

 

 

まず、財務部に行った。

門前払い。

あっけない負けだった。悔しい。

 

こんなところでへたばってはいられない。

 

2回目の時は、いろいろ話せた。

現状は変わる動きが見えない。

生徒1人では何もできないと思う。

こんな言葉ずらずら並べて

結局はコンプライアンスだのなんだの詳しいことは話せないと言われる。

 

 

なぜだ!!

学生の主張を聞いてくれ!!!

 

 

 

聞いてくれ駒澤大学

 

近年「授業を受けていないのに、授業料を払うのはおかしい」という風潮が起こり、大学側も大学外での活動を積極的に受け止め、休学費用の免除や減額などの措置を行い、学生を後押しする大学が多くなってきている!

 

(最近では、日本女子大の減額が大きなニュースになりました。)

f:id:masakiti39_com:20180615192915j:plain

出典:http://www.jwu.ac.jp/unv/news/2016/20170110.htmlより引用

 

 

 

 

 

 

駒澤大学の建学理念は「行学一如」

この教育が目指すのは、時代に流されることなく、その動きを正確に洞察し、自分の進むべき道を自分の力で適切に判断できるようになり、将来その道を歩むのに不可欠な知識・技能・資格を身につけること。

 

 

たしかに、学生のうちは学業をしっかりとおさめて、たくさん良い成績を取って大学を首席で卒業するのも、とっても素晴らしいことだと思う。

4年間で最短ルートで卒業するのが当たり前だと言う人の意見もわかる。

とても大切なことかもしれない。

 

でも、僕はそれでも休学中にさまざまな体験を通してもっと魅力的な人になれると思っている。

学業だけが全てではないのは全員が知っているはず!

大学4年間で、敷かれたレールを外れて自分が見たことない世界に踏み出してもいいんじゃないか。

 

 

休学をする人は

・海外留学に行く

・日本.海外への旅をする

・ワーキングホリデー

・企業する

・その他


休学の期間の使い方は多様化してきている。


また、以前までは休学は就職活動に不利だという風評があった。しかし、近年では休学した理由とその期間で得た経験や行ったことをしっかり伝えれることができれば全く不利にならないと言われている。

 

時代は変わってきている。

 

 

休学した1年は

80ある人生で数えたらたったの1だ。

10でも30でもない。たったの1だ。

 

この1が人生のターニングポイントになることだってありえるんだ!

 

休学してみようかなって思ってる人〜

大学という枠から一歩でてもいいじゃないか!

周りの言うことに納得いかないなら、思いっきり反発しようよ。

自分の人生見つめ直したり、本当にやりたい事

見つけるために休学して、旅出たり、起業してみたりしていいんじゃないかな。

それって、とっても素晴らしいことだと僕は思う。

 

休学じゃなくても、取り組んでみたいことがあったら

全然今からでも遅くない!

誰かの意見を参考にして生きたって、最終的に自分の人生に責任持てるのは自分以外の何者でもないんだよ。

だから、周りの目なんか気にしないでやりたいこと思いっきりやろうよ!

 

って僕は思う。

 

やりたい時にやりたいことをやるのが1番最高だ!

その方が絶対に学生生活も

これからの人生も楽しめると思う。

 

人生一度きりだ。

 

 

 

 

 

休学費減額に協力してください

 

 

駒澤大学の学生のみんな

この記事を見てくださった方

 

 

 

僕は

駒澤大学を本気で変えたい!

 

そして、休学して

旅に出たい。

テレビ越しに見ている憧れたあの景色に会いにいく。

 

 

俺は、世界一周にでたい!!!

 

 

 

30秒で終わります。

休学費用減額に御協力お願いします!

(拡散してくれたら本当に嬉しいです。)

 

 

賛同のページはこちら

chn.ge

 

  

今の駒澤大学の学生、これからの駒澤大学の学生のためにも、お力添えを宜しくお願い致します。